板倉造りについて

板倉造り(板倉の家)とは

板倉造りとは、正倉院などにも代表される日本古来の伝統構法です。 4寸角(120mm)の杉の柱に溝をほり、厚さ1寸・幅5寸の杉板を落とし込んで板壁を作り、住宅の基本的な構造を造るものです。杉無垢材の粘り強い性質を耐震性に活用した、安全でしっかりとした構造で、天然杉板の構造材がそのままで仕上げ材になり、調湿性・癒し効果のある木の良さを最大限に生かした構法です。
丹陽社では、昔のすばらしい日本人の知恵を今の家づくりにも活用するべきだと考え、板倉造りで家を建てています。

板倉造り板倉造りの家を建てる様子

板倉造りの構造の特徴

丹陽社では、住まいの基本は、構造がしっかりしていて、安心して暮らせることだと考えています。
どんなステキな家でも安全性に欠けていれば、安心して暮らすことはできません。

地震に対して『揺れるが崩壊しにくい』構造です。

①地震に対して『揺れるが崩壊しにくい』構造です。

丹陽社の木の家は、筋交い(斜め材)が入っていません。その代わりに縦に補強材を入れています。
これは、地震の力を建物の全体が微妙に揺れることによって地震を吸収する工夫です。筋交いのように建物を固めない伝統構法の知恵です。
ムクの杉がもつ粘り強い性質を利用した、地震に対して「揺れるが崩壊しにくい」構造です。

徳島へ国産杉材を直接買付け。コストダウンを実現しています。

②徳島へ国産杉材を直接買付け。コストダウンを実現しています。

丹陽社の木の家は、大半を国産杉材で構成しています。基本的に、構造用合板や石油樹脂の入った建材は使用しません。
木材は一般の住宅の2~3倍の材積の木材を使用するのですが、徳島の林産地で直接買付けし、大幅なコストダウンをはかります。ご一緒に同行して無垢材を確認していただけます。 ムクの木は、汚れやキズ付きやすく、割れたり、反ったりもします。
それは、自然素材である証拠です。木は、経年変化で味わいが増し、愛着が湧いてきます。丹陽社では、木の質感を大事にした家づくりを心がけています。

木組みの良さを最大限に活かしています。

③金物はできるだけ使わず、木組みの良さを最大限に活かしています。

丹陽社の木の家は、接合部の補強になるべく金物は使用しません。木組に加え、伝統構法で用いられている木製の込み栓を使用しています。土台と柱、柱と梁は、ほぞで接合し、そのほぞが、抜けないように直行に木製の込み栓を打ち込みます。
金属金物は、木よりも硬く力のかかる接合部では、長い間にゆるむ確率が高くなります。

保温性と調湿効果で充分な暖かさがある家です。

④保温性と調湿効果で充分な暖かさがある家です。

丹陽社の木の家は、厚さ30mmのムク杉板と遮熱シートが断熱材の代わりになり、夏の暑さ、冬の寒さを軽減します。
天然無垢材は、熱伝導率がとても低く、断熱性に優れている材料です。また、遮熱シートは太陽からの放射エネルギーを大幅にカットしてくれます。
より暖かい家にしたい場合や建物の仕様によって断熱材を使用することがありますが、この断熱材もカラダに悪い影響のない、触れても安心な医療施設でも使用されているポリエステルの断熱材を選んでいます。

隠し事のない家です。

⑤隠し事のない家です。

丹陽社の木の家(板倉造りの家)は、材料やつくりがすべて目で見て確認できる隠し事がない構造です。安心・安全という住まいに必要な要素を実感するには、家の様子や成り立ちを住む人が確認できるようになっていることが大切です。

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら