板倉造りについて

板倉造り(板倉構法)について

板倉造り(板倉の家)とは

板倉造りとは、正倉院などにも代表される日本古来の伝統構法です。 4寸角(120mm)の杉の柱に溝をほり、厚さ1寸・幅5寸の杉板を落とし込んで板壁を作り、住宅の基本的な構造を造るものです。杉無垢材の粘り強い性質を耐震性に活用した、安全でしっかりとした構造で、天然杉板の構造材がそのままで仕上げ材になり、調湿性・癒し効果のある木の良さを最大限に生かした構法です。
丹陽社では、昔のすばらしい日本人の知恵を今の家づくりにも活用するべきだと考え、板倉造りで家を建てています。

板倉造り板倉造りの家を建てる様子

今、伝統構法が見直されています。

丹陽社では、昔のすばらしい日本人の知恵を今に家づくりにも活用するべきだと考えています。
板倉造り(落とし込み板壁)は、筑波大学の安藤邦廣教授が研究され、現代に合うように再興されました。
安藤教授が出版されている「住まいを4寸角で考える」・「現代木造住宅論」を参考にまとめてみました。
当社は、安藤教授が主催されている「日本板倉建築協会」の会員です。

板倉と土蔵

板倉と土蔵、倉をつくる構法として二つの方法があることは、よく知られています。
板倉は、倉の壁を木材でつくったものの総称で、柱を建てずに角材を組んだものは、「校倉」または「せいろう(井籠)倉」とよばれています。柱を建ててその間に厚板を落とし込んだものは、「落とし板倉」あるいは単に「板倉」と呼ばれているそうです。

校倉の代表としては奈良の正倉院、板倉の代表としては伊勢神宮が挙げられます。
また土蔵が歴史上に登場するのは、鎌倉時代で京の大火の際に焼け残った土蔵が絵図に残されているそうです。そして、関東や東北地方の山間部には、今も板倉が数多く見られることがその後の調査で明らかになってきました。このように日本の古い時代には板倉が一般的で、土蔵は鎌倉時代に出現し、東日本より西日本において比較的早く普及し、また山間部より平野部において普及していったようです。

日本の倉は、板倉から土蔵へと徐々に移り変わり、その背景には農耕の拡大に伴う森林資源の後退、限りある木材資源を補うために土壁への依存が高まり、更に都市化の進行で防火の要求が強まって土蔵化は、加速されたと仮説されています。

正倉院(校倉)正倉院(校倉)
伊勢神宮と茨城県大子町の井籠倉左:伊勢神宮 右:茨城県大子町の井籠倉

板倉造り(板倉の家)の原点

安藤教授の八ヶ岳山麓での民家調査では、厚板を組んで壁をつくり、その上に土を塗った土塗り板壁が発見されています。
長年の雪風にさらされて土壁の一部は、はげ落ちているが板倉本体の力強さは全く失われていなかった。その気になって土を塗り直せばすぐに元に戻せる。

この地方では、板倉本体を組み上げ、数年間はそのまま使用し木材が十分に乾燥し安定したころに土塗りを施して仕上げるのが通例だったそうです。場合によっては親が板倉本体を組み、子世帯が土塗りで仕上げる、孫世帯が漆喰で化粧をするという親子3代の倉づくり行われていたそうです。
更に板倉は土を落として解体され移築再利用されることも多かったそうです。

現在の日本木造住宅においては土壁に代わる壁として合板と断熱材を用いたものが主流になっています。高温多湿な気候風土の日本では、その断熱構法と耐久性と居住性の点で限界を感じ、特に断熱至上主義で湿気の制御に注意を払わない考え方に疑問を感じ、この板倉が現代の壁として必要なものだと確信されました。

八ヶ岳山麓の板倉八ヶ岳山麓の板倉

板倉造り(板倉の家)の材料を考える

八ヶ岳山麓の板倉は、素材として当時もっとも豊富であった木材アカマツ、カラマツが使われています。今日は杉山が日本の国土の12%を占めます。戦争で丸裸になった日本の山に国をあげて植林した結果です。

杉は建築家具用材としてだけではなく、桶や樽等の生活用品、造船の材料として大量に使われました。高温多湿の気候風土のなかで成長が早く大木に育ち、素直で加工しやすく、用材として万能な木材です。

ところが杉が生長し伐期を迎えた今日、日本の工業社会は変貌をとげ杉の多様な用途はほとんど石油製品や金属製品に置き換わってしまいました。建築家具用材としても戦後復興期の木材不足を解消するために外材が大量に輸入され、その木材を使う技術が急速に発達する一方で、杉をはじめとする国産材の利用技術の経験は途絶えて停滞してしまいました。

都市化が急速に進んでも木造住宅の需要は根強く、年間新築される戸建住宅のうち、木造住宅の割合はおよそ45%を維持しています。しかしその木材の主力は外材で国産材の割合は20%だそうです。外材が安いことが第一の理由ですが国産の杉が外材と同じくらいに価格が下がっても、その割合に変化はみられないそうです。

杉が売れないために林業経営が成り立たず、手入れが行き届かない山林は荒廃し土砂崩れの原因をつくり、国土保全のうえでも大きな社会問題となっています。これを打開するためには、杉をはじめとする国産材の蓄積を生かすような、そして現代のライフスタイルに合った杉の家の技術開発とデザインが必要だと考えられました。

杉の木
伐採された杉材

今日の日本の木造住宅をとりまく状況

  1. スギ・ヒノキの柱材を、最大限活用することが日本の林業を守る。
  2. 大工の技量を発揮できる、構法の開発が必要。
  3. 自然素材としての木をあらわした、骨太い木造空間が求められている。

板倉造り(板倉の家)の構造を考える

安藤教授の板倉構法という発想は、4寸の角材と厚さ1寸幅5寸の厚板で住宅の基本的な構造を造るもので、住まいに落とし板倉の構法を取り入れたものです。

4寸の角材と幅5寸の厚板は杉丸太の最も効率的な使い方で、構造材の断面を思い切って整理することで木材単価を抑え、大工手間の合理化が図れる、これをふんだんに使うことで、安価で質の高い木の家を実現することが狙いです。

4寸角構法4寸角構法

板倉構法の特徴

  1. 骨組となる土台・大引・柱・梁を4寸角の杉材を主体として組み梁組に丸太または太鼓落とし材を用いる。
  2. 4寸角の骨組は伝統的な継手・仕口で組み、金物は基本的には使用しない。
  3. 壁・床・屋根を1寸の厚板で構成。厚板を柱間に落とし込み壁を造り、床梁・垂木に厚板を直張りして床、屋根を造る。
  4. 厚板の片面は、別材で仕上げて気密性・断熱性を補う。(壁は漆喰、床は畳、屋根は瓦など)

壁・床・屋根を杉の厚板使う狙い

  1. 壁を落とし板として、構造耐力を期待する。
  2. 床板・野地板として下地を省略して構造材に直接張ることで水平剛性を期待する。
  3. 厚板で床・壁・屋根を覆うことで、シェルターとしての基本的住居性を獲得し杉板の優れた断熱・保温・調湿効果を期待する。
  4. 内外装として、耐久性のある仕上材となりうる。
  5. 厚板の難燃性に期待して、燃えにくい木造をつくる。

板倉造り(板倉の家)の性能を検証

柱に厚板を落とし込んだ構造は、粘り強いが初期剛性が低いためにそのままでは、現行の構造基準を満たすのは困難でした。伝統的な板倉では厚板どうしをダボで接合して剛性を高めていましたが、加工や手間がかかり単価が収まりません。そこで塗り壁を施すには下地として木摺が必要なことに目を付け、木摺を落とし板に直行して張ることで初期剛性を高める事ができるのではないかと考えられました。

そして、木摺下地塗り壁で補強された落とし板壁の構造耐力を検証するために、壁面の実大加力実験を行いました。その結果、壁倍率相当で約2倍の耐力を持つことが検証されました。また、落とし板壁は大きく変形しても倒壊せず、粘り強く持ちこたえることが実証されました。

地震時においては、変形することで地震力を吸収します。このような構造性能試験などは、安藤教授が主催されているNPO木の建築フォラムの伝統木造研究会で、共同研究開発事業として板倉の家開発プロジェクトで展開されています。

落とし板壁の性能試験
落とし板壁の性能試験板倉造りの実大実験

壁倍率の大臣認定を取得。

平成17年9月に国土交通省より、落とし込み板を木摺で補強する真壁タイプと外周受け材と縦受け材で補強する大壁タイプについてそれぞれ910mm、1820mmの壁長さの合計4種類の落とし込み板壁の壁倍率を取得しました。

壁タイプ/壁長さ910mm1820mm
真壁タイプ2.2倍1.1倍
大壁タイプ1.4倍0.7倍

防火構造の大臣認定を取得。

平成19年5月に壁倍率を有する真壁タイプの木摺り板(24mm)を詰め張りして、落とし込みの厚板(30mm)とあわせて、総厚さ54mmの壁を構成し、防火構造の要求性能である30分間の延焼防止性能を確保しました。
これにより、2階建住宅において準防火地域(床面積500㎡以下)、法22条区域(床面積3000㎡以下)の延焼のおそれのある部分の外壁を木材だけで構成した落とし込み板壁で設計・施工することが可能になりました。

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら