ブログ

   

神戸春日台 板倉造りの家 基礎 アンカーボルト確認

現場では基礎の底部になるベース部分のコンクリートが打設され、

立ち上がり部分のコンクリート打設前にアンカーボルトが設置されています。

アンカーボルトは基礎と土台や柱をつなぐ重要な部分です。

アンカーボルトの設置箇所・位置や寸法は適切であるか確認しました。

 

アンカーボルトの確認と設備配管の経路等を確認し、次の工程は基礎の立ち上がり部分への型枠施工に移っていきます。

型枠施工完了後、立ち上がり部分へもコンクリートが打設されていきます。

基礎工事が順調に進んでいます。

建て方が楽しみです。

 

dscn4643

dscn4647

dscn4651

dscn4659

 

 

大阪で木の家を建てるなら

—————————————————————
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 
   
  
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-
  
●おまけ・・・
こだわりの爆走建築士 タカシマの個人ブログ
→ http://ameblo.jp/pk-2-1024/theme-10088991949.html
 
キャッチフレーズの理由は・・・
→ http://ameblo.jp/tanyosha/theme-10088887931.html
 
—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら