ブログ

   

9月の勉強会のお知らせ【八尾刑部『漆喰とタイルの無垢の家』完成見学会】

9月の勉強会は、八尾市刑部の板倉造りの家の完成見学会を開催いたします。

 

◎板倉つくりとは

板倉造りとは、正倉院などにも代表される日本古来の伝統構法です。
4寸角(120mm)の杉の柱に溝をほり、厚さ1寸・幅5寸の杉板を落とし込んで板壁を作り、住宅の基本的な構造を造るものです。
杉無垢材の粘り強い性質を耐震性に活用した、安全でしっかりとした構造で、天然杉板の構造材がそのままで仕上げ材になり、調湿性・癒し効果のある木の良さを最大限に生かした構法です。
板倉造りがどのように建てられているのか、家の雰囲気や使われている材料・香りなど、実際に見て頂かないとわからないのがこの家の特徴です。

構造見学会イメージ

板倉造りの構造を見ていただける貴重な機会です。
ぜひ、お気軽にご来場ください!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
日にち:平成28年9月10日(土)・11日(日)
時 間:11:00〜16:00
場 所:八尾市刑部周辺
参加費:無料
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

参加ご希望の方は、
下記URLのお申込みフォームよりお申込みください。
お申込みいただいた方に、詳細のご連絡をさせていただきます。
皆さまのご参加をお待ちしております!

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら