ブログ

   

八尾刑部 板倉造りの家 材木搬入

八尾の現場で板倉造りの建て方が始まります。

朝、徳島から材木が搬入されてきました。

材木はトレーラーで搬入されてくるので、現場には直接搬入が困難なので、

一度、藤井寺に仮置きをして小運搬で現場へ搬入していきます。

 

材木が搬入されると早速作業を開始していきますが、

雨が降りそうなので、天候の具合を見ながらの作業になります。

現場では土台敷きの前に土台の基準となる墨を出していきますが、

墨を出している途中で雨が降ってきたので、この日の作業は中断です。

材木にシートをかけて養生をし、次の作業に備えます。

 

 

DSCN3568

DSCN3571

DSCN3572

DSCN3573

 

大阪で木の家を建てるなら

—————————————————————
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 
   
  
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-
  
●おまけ・・・
こだわりの爆走建築士 タカシマの個人ブログ
→ http://ameblo.jp/pk-2-1024/theme-10088991949.html
 
キャッチフレーズの理由は・・・
→ http://ameblo.jp/tanyosha/theme-10088887931.html
 
—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら