ブログ

   

八尾刑部 板倉造りの家 配筋検査

基礎工事が順調に進みます。

現場では、堀方が終わり基礎の捨てコン(最下部の地盤と調整部分)が

打設されました。

 

捨てコンが打設され、新たに墨出し(基礎の幅などの目安)を

出して、基礎の鉄筋を組んでいます。

 

この日は鉄筋が組みあがり、基礎の型枠を施工しています。

基礎の鉄筋の施工が終わるとベース部分のコンクリートを

打設していきますが、コンクリート打設前に丹陽社では

基礎の配筋を検査します。

基礎の配筋検査員の資格を持っているので、検査基準に沿って

適切であるかの確認をしていきます。

 

頑丈でしっかりとした基礎を作るためにはこの鉄筋の配筋が

重要になります。適切な空きや間隔・重なりなどがしっかりと

施工されているかを検査していきます。

 

検査の結果は合格です。鉄筋もとてもきれいで、

ゴミ等を落ちていない綺麗な配筋でした。

職人さんたちの仕事の丁寧さに感謝します。

 

配筋検査が終わるといよいよコンクリート打設です。

ベースのコンリートを打設し、養生期間をおいて

立ち上がりの基礎を打設していくことになります。

 

DSCN3403

DSCN3405

DSCN3407

DSCN3409

DSCN3414

DSCN3424

 

 

大阪で木の家を建てるなら

—————————————————————
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 
   
  
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-
  
●おまけ・・・
こだわりの爆走建築士 タカシマの個人ブログ
→ http://ameblo.jp/pk-2-1024/theme-10088991949.html
 
キャッチフレーズの理由は・・・
→ http://ameblo.jp/tanyosha/theme-10088887931.html
 
—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら