ブログ

   

和歌山 九度山 板倉造りの家 内部 電気配線・設備

内部でも工事が進みます。

各設備の配管を施工し、設備の据え付けに備えます。

並行して電気の配線工事も進めていきます。

板倉造りは杉板を落とし込みそのまま化粧材を兼ねるので、

配線の経路を考えなくてはいけません。

基本的には外壁面の壁や1階床下、2階の下地板と仕上板の間の

根太間のスペースなどを利用して配線をしていきます。

 

DSCN2500

 

DSCN2508  DSCN2510

ユニットバスが施工されました。

ユニットバスの上部の空間は配線スペースとして利用します。

 

 

DSCN2514

 

 

大阪で木の家を建てるなら

—————————————————————
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 
   
  
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

—————————————————————-
  
●おまけ・・・
こだわりの爆走建築士 タカシマの個人ブログ
→ http://ameblo.jp/pk-2-1024/theme-10088991949.html
 
キャッチフレーズの理由は・・・
→ http://ameblo.jp/tanyosha/theme-10088887931.html
 
—————————————————————-

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら