ブログ

   

阿倍野区 部分耐震補強  耐力壁構造用合板施工

既存柱と増設柱を施工すると、金物補強を施していきます。

耐力壁は構造用合板で面材補強を加えていきます。
補強箇所が和室ということもあり、部分的な納まりや意匠面も併せて
考えていかなければなりません。

こちらのお宅では、和室のイメージは変えずに耐震補強を行います。
既存の長押や鴨居、建具をそのままに、柱をずらして上部梁へとつなぎます。
建具を閉めるとこれまでの和室のイメージはそのままに使用することができます。

耐力壁が施工され、構造的にも強くなりました。
リビング側の補強も続けて行っていきます。

   
 
   
 
 

----------------------------------------------------------------------—-
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/
   
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage
 

---------------------------------------------------------------------------
  
●おまけ・・・
こだわりの爆走建築士 タカシマの個人ブログ
→ http://ameblo.jp/pk-2-1024/theme-10088991949.html
 
キャッチフレーズの理由は・・・
→ http://ameblo.jp/tanyosha/theme-10088887931.html
 
------------------------------------------------------------—- 

大阪で木の家を建てるなら  

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら