ブログ

   

阿倍野区 部分耐震補強  耐震性の調査

阿倍野区で木造住宅の耐震改修を行います。

こちらのお宅では、築60年ほど前に建てられた建物を
度々改修してきたため、壁などの位置が不一致でまずは
現状の建物の構造を把握することから始まりました。

現地調査を進めていく上で、こちらのお宅は元は平屋部分があったのですが、
複数回の改修で2階やロフト、バルコニーなどを増築していることがわかりました。
そのため以前の壁や柱を残して、その上に壁をふかして増築しているため、
建物の構造を把握し、耐震性を確認するのに苦労しました。

古い家であり、又様々な工法が組み合わされているため、
安易に耐震補強を行っても適切な補強にならないため、
耐震診断でいう上部構造評価にとらわれない考えのもとに
現状の建物に応じた耐震補強を行うことにしました。
又、コストの面からも部分補強なら実施できるということで
計画を進めさせて頂きました。

こちらのお宅の耐震性での最重要部分が1階のリビングと
和室です。特に和室についてはもとの平屋に2階を増築して
いるため、耐震性が著しく不安定で、想定以上の荷重が隅の柱へ
集中しているのも関係してか、地盤部分に部分的な不同沈下が
発生していました。

1階のリビング、和室は上部の荷重を支え、地震に耐えるためには、
柱や壁の配置が少なく適切な補強と増設を行う必要があると判断しました。

和室部分については、まず荷重集中が発生している隅の柱の
荷重を分散させて、基礎を補強して一体的にすることで、
不同沈下を抑制します。

現状を把握し、計画図面を作成していきます。

   
 
 
 
   
 
 

----------------------------------------------------------------------—-
 
  ~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/
 
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage 
 
---------------------------------------------------------------------------
  

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら