ブログ

   

建物の健康診断  外壁のヒビ割れ

建物を長く維持していくためには、建物の劣化状態を確認し、
対策を行っていくことが大切です。
 
 
今回は外壁のヒビ割れについて考えていきたいと思います。
 
 
外壁でヒビ割れが生じるのは、 仕上げがモルタルやタイル貼りなど
の場合、原因は下地の不良や下塗り処理が不十分で乾燥不足が
発生している場合が多いです。
 
 
木造住宅では、地震や風を受けて建物が揺れることを考慮して、
揺れに対し、ヒビ割れを吸収できるようにしておくべきです。
 
 
外壁のヒビ割れを判断する指標として0.3mm以上のヒビ割れかどうか
を確認しておく必要があります。
 
 
0.3mm以上のヒビ割れは雨水の侵入によって下地や構造材を
傷め、建物の耐久性を低下させてしまうことが考えられます。
 
 
このヒビ割れが外壁に見られた場合は、早い段階で補修をして
おく必要があります。
 
 
外壁の施工をきっちりと行っていくことはもちろんですが、
建物を良い状態に維持していくために、普段から建物の劣化の
有無や劣化具合を把握し、補修などの必要な対策をとっていく
ことが重要ですね。

 

----------------------------------------------------------------------—-
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/
   
 
~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

---------------------------------------------------------------------------
  
●おまけ・・・
こだわりの爆走建築士 タカシマの個人ブログ
→ http://ameblo.jp/pk-2-1024/theme-10088991949.html
 
キャッチフレーズの理由は・・・
→ http://ameblo.jp/tanyosha/theme-10088887931.html
 
------------------------------------------------------------—- 

大阪で木の家を建てるなら  

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら