ブログ

   

土地のはなし  車で揺れる家は要注意

車が通ると家がよく揺れるという話を聞かれたことはないでしょうか。
 
 
住んでいる家の土地が軟弱地盤であるか判断する方法の一つに近くの
道路に4t以上のトラックが走ったときの家への振動を調べるというのがあります。
 
 
トラックが走ったときにガタガタと小刻みに揺れる場合には、比較的浅い
軟弱地盤であると思われますが、ユサユサと地震に近い揺れ方をしている
場合には、 深い軟弱地盤であると考えられます。
 
 
軟弱地盤であるためにトラックなどの大型車が近くを通るだけで揺れる
わけですが、実際に地震が起きた場合は、地震の揺れを何倍も大きく させてしまう
可能性があり、又液状化・地盤沈下等の問題もあるため危険な土地であると言えます。
 
 
これらの軟弱地盤の土地では、地盤改良など適切な対策が必須で、しっかりと
対策を行っていることが家の耐久性にも大きく影響してきます。
 
 
地盤改良を適切に行っていない場合は地震が発生し、 震度4の揺れがあったと
しても震度6のような揺れに感じられることもあるのです。
 
 
近年の大地震でも地盤改良を適切に行っている地盤での地震による
被害は少なかったことということも わかっています。
 
 
一生の買い物と言われる家づくりです。
土地・地盤からしっかりと考えていきたいですね。

 
 
 
  

 
 ~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら