ブログ

   

土地のはなし  専門家が注意する地盤について

家を建てる土地を探す上での検討条件で立地条件が
まず最初にあがるかと思いますが、忘れてはいけない
のが、その土地の地盤についてです。

見かけでは地盤の強さはわからないものです。
一見良い土地に見えても軟弱地盤である可能性もあるのです。
古くからの沼地や湖を埋め立てたような場所は
軟弱地盤である可能性がかなり高いです。

地盤の専門家が一番建てたくない場所として
あげる土地としては、地震が起こった時にすぐに
崩れそうな傾斜地や地すべりが発生しそうな場所です。

山地などが開発され切土や盛土により造成された
土地などもこれに該当します。
こうした土地では、地すべりが予測される場合に
自費で対策をすることは難しく、また、地すべり対策の
工事をするにしてもその土地だけに対策をしてもあまり
効果がなく、周囲一帯について行わなくてはなりません。

そして、もしその地域で地すべりやがけ崩れが発生した
場合に土地の価格が下落することも考えられます。

地震発生時によく揺れる平野部での軟弱地盤や液状化の
恐れがある土地では地盤改良を行えば、地震対策
(液状化対策)が可能です。

適切な地盤改良を行った土地に関しては液状化に
対しても強い土地になるので、その土地が軟弱地盤で
あるかどうかを調べるために地盤調査は必須と言えます。

周囲の自然環境面からはその土地が水害や土砂災害などの
自然災害に対して安全であるか、過去災害のデータを
調べてみたり、災害のための対策がされている地域で
あるかを知っておく必要があります。

これらのポイントを土地探しの立地条件の検討に加えて、
総合的に判断していく必要がありますね。

 

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら