ブログ

   

住まいの健康のはなし  シックハウスの原因について

よくシックハウス症候群という言葉を耳にするかと思います。
このシックハウス症候群とは、なにが原因でどのような症状が
出るのか知らない方も多いかもしれません。

シックハウス症候群とは、建材や家具などに含まれる化学物資が
室内に広がり、空気を汚染してしまうことで、 頭痛やめまい、喉の痛み、
吐き気などの様々な症状を引き起こす健康被害のことです。

このシックハウス症候群という健康被害は、昔にはなかったものです。
なぜなら、昔の家づくりは自然素材ばかりで造られていて、
石油系の建材や接着材などは使われてこなかったからです。

しかし、最近の住宅ではビニールクロスや集成材、合板などの
石油系建材が使われるのが一般的になっています。
これらの建材や接着剤などに含まれるホルムアルデヒドや
トルエンといった化学物質は揮発性有機化合物(VOC)と呼ばれ、
様々な健康被害をもたらす可能性があるものです。
そうした化学物質が室内に放散されている環境にあることが多いのが現状です。

建築基準法では、ホルムアルデヒドの放散量が少ない建材をF☆☆☆☆
表示で判断することにし、F☆☆☆☆のものをホルムアルデヒドが
もっとも少なく健康被害が少ない建材として評価していますが、
実はこのホルムアルデヒドは揮発性有機化合物の内の1種類にすぎず、
人体に悪影響のある可能性が高い揮発性有機化合物は、 他に12種類もあるのです。

こういった健康被害に悩んでいる方は、自然素材の家に
住み始めると体質が改善されたという話をよく聞きます。
少なくとも、無垢材や漆喰などの自然素材を使った住宅の
場合、シックハウス症候群の原因物質の発生がないため、
家具や生活雑貨による化学物質の発生を除いては、
健康被害の心配が少ない健康的な住宅が造れると言えます。

シックハウスやアレルギーなどの健康被害を未然に防ぐ
意味でも自然素材の家づくりをしていくことは大切ですね。
そして、自然素材で造った家は空気や香りがよく、
快適な環境を提供してくれると考えています。

    

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら