ブログ

   

【改正】  住宅の省エネ基準が2015年4月から完全移行しました

◆住宅の省エネ基準が2015年4月から完全移行しました◆

~一次エネルギー消費量で家の全体の省エネルギー性能を表示~

今、建築業界では建物の省エネルギー化に対する基準が
大きく変わろうとしています。
2013年10月に住宅の省エネルギー基準が14年ぶりに改正され
「平成25年基準」として施行されました。

「平成25年基準」とこれまでの省エネ基準「平成11年基準」
との違いは省エネを断熱性能で評価するものだったのに対し、
空調設備・給湯器・照明器具・換気設備などの設備の
エネルギー効率も考慮して総合的に評価するというものです。
設備機器を含めた住まい全体の省エネ性能を評価したものを
一次エネルギー消費量として表示するのです。
つまり、家全体を通して燃費のいい家が省エネ住宅の基準となるわけです。

これまでの省エネ基準「平成11年基準」は2013年の9月に
廃止されていますが、経過措置として2015年3月までは使用可能でした。
しかし、2015年4月からは「平成25年基準」へ完全移行しました。

今回の大改正に留まらず、国としては2020年までに
省エネ基準適合を義務付ける方針です。
今後もより省エネルギー化を目指した基準の改正や変更が
実施されていく見込みです。

○画像
左:基準移行まとめ
右:ゼロエネルギー住宅基準の板倉造りの家 断熱材施工

    
 

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/ 

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら