ブログ

   

木のはなし  木材の乾燥について

◆木材の乾燥について◆

木材は乾燥が進むと狂いや反り、割れなどの変形が
起こります。そのため、よく乾燥させることが大切です。

木材は乾燥材したものが良いといいましたが、
その乾燥にも方法について、
天然乾燥と人工乾燥の違いについて考えていきます。

木が含んでいる水分のことを含水率といいますが、
この含水率の目安は20%ほどです。
立木の状態では、200%ほどの含水率があるため、
これを1/10にまで落としていかなければならない
ことになります。

天然乾燥の場合、木材を積み重ねゆっくり時間をかけて
乾かしていきます。
板材などでは数か月、柱・梁などでは何年もかけて
乾燥させることもあります。
ゆっくりと自然に乾燥させることで表面から水分が
失われていくため、表面に割れが発生し、内部に割れが
発生しにくく木材としての強度が保たれ、
木材の風合いが残り、いい香りを放ってくれます。

人工乾燥の場合は、温度の高い蒸気やマイクロ波、
遠赤外線をあてたり、除湿装置を使用したり、
人工的(強制的)に乾燥を行う方法です。
短期間で木材が出荷できる状態にすることが可能な反面、
強制的な乾燥により、木の風合いがなくなってしまう
こともあります。
又、人工乾燥の場合、内部から乾燥が進むので、
外部は割れが少なく見えますが、
内部割れが生じてしまう恐れがあります。
セット温度とよばれる乾燥時の温度が高いと
内部割れの傾向が強くなります。

どちらが適しているかは構法により異なるところが
ありますが、天然乾燥による木の香りの良さは
とても癒されるものがあります。
表面に見える割れなども木の状態が一目でわかるので
天然乾燥をおすすめしたいですね。

    
 

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら