ブログ

   

西宮 耐震改修 漆喰左官

漆喰左官が始まりました。
今回使用する漆喰はヨーロッパ漆喰で消石灰に石灰質骨材を混ぜたものです。
日本漆喰と違い、左官仕上げした部分に素材感がでる上、質感もよく、
テカリなどもないため、室内を落ち着いた雰囲気にしてくれます。
そして、漆喰左官仕上げをするメリットとして、消臭作用や殺菌作用などの
効果が見込めるので、快適な室内空間を造ってくれます。

漆喰は自然素材からできたもので、ビニールクロスのように石油系製品では
ないため、シックハウス症候群やアレルギーの原因物質の発生を抑制してくれます。
シックハウスやアレルギーの原因物質については、化学物質やハウスダストが
該当しますが、ビニールクロスの場合、製油系製品であるために化学物質を
室内に発生させてしまう可能性があり、シックハウス症候群の原因の一つとなるのです。
加えて、ビニールクロスに静電気が発生することで、壁や天井に埃を付着させ、
そこにダニが住み、死がいとなり、それがシックハウスやアレルギーの
原因物質の一つとなってしまうのです。
漆喰には静電気が発生しにくく、こうした心配も少ないため、優れた素材と言えます。

現場では漆喰下地の処理を施し、左官職人さんが仕上げています。
清潔感があって空気もいいですね。
床に施工した無垢杉材ともよくあっています。

    
 
   

    
 
    
 
    
 
    
 
    
  
  
 

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら