ブログ

   

西宮 耐震改修 床補強

柱・梁・土台など、構造部材の補強が終わると
柱頭柱脚金物の取り付けと筋違の施工と平行して、
床廻りから順次、補強工事を進めていきます。

柱頭柱脚には、構造用金物を施工していき、筋違には筋違プレートを施工していくところです。
1階床下には新たに断熱材を施工し、家の断熱性能を向上させます。
2階についても床下地を施工していきます。

床下地が施工されると壁の断熱や下地を施工していきます。
補助申請に必要な写真が、耐震補強の全箇所施工前後だった、
壁下地の施工までには少し時間がかかりました。

    
 
    

    
 
 

    
 
    

    
 

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら