ブログ

   

西宮 耐震改修 柱・梁・土台 増設補修・耐震補強

解体が進み問題点をあきらかにしたところで、再度行った耐震改修計画に基づき
補修・補強を実施していきます。

まず、土台では、やはり水廻り関係の土台が腐食していました。
特に浴室は増設により造られたものであるためか、土台の痛みが大きく見られました。
この腐食部分については補修をしていきます。
柱については使える部分は残し、新たに必要となる部分については増設していきます。
そして、2階を支える梁については既存の状態では構造的に不安定な部分があったので、
新たに増設し、構造補強を行いました。

1階床廻りでは大引きはすべてやり替え、新たに施工し、間仕切り変更による
基礎が必要な箇所へは基礎を増設していきます。

こちらでは耐震補助の申請を出しているため補強箇所全箇所の工事写真が
必要となりました。内部のほとんどを解体して行うこの工事の耐震補強にかかる部分
全箇所についての写真撮影はなかなか大変なものでした。
大工さんにも協力頂いて、工事と写真撮影を平行して行うことができました。

    
 
    
 

 

    
  
  

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら