ブログ

   

西宮 耐震改修 解体

解体が始まりました。
残す部分を判別し、解体を進めていきます。
内部についてはほとんど解体となります。外部については現状のまま残していく方針で
工事を進めていきます。

耐震改修を行う上で、解体時の現状により計画が大きく変更になる場合があります。
改修前の図面がある場合は、図面通りの箇所に柱や筋違などが施工されているとし、
耐震診断を行うことが多いです。また、図面など何も資料がない場合に至っては、
現状調査のみでの判断が必要となるため、現状と異なる部分があることがほとんどです。
そして、劣化などにより補修箇所が発生する場合が多くあります。
このように耐震診断および改修計画は柱や筋違の位置により計算が異なるため、
解体時に再度計算が必要になる場合があります。

こちらのお宅は、既存図面がなかったので現地調査のみでの計画となりましたが、
調査により想定してしていた箇所と解体時の状態がほとんど合致していたため、
多少計算をやり直す程度で済みました。

解体した状態の建物は比較的劣化も少なく、震災の影響で柱・梁のずれや
筋違のずれ、接合部の破綻などもなく、状態としては想定していたより良い状態でした。
良い状態であったので既存の柱や筋違で使用可能なものについては柱の柱頭柱脚、
及びに筋違に金物を施工することで補強をしていきます。
この金物については耐震診断と別途、N値計算により柱の引き抜き力の検討を
行った上で適切な種別の金物を選定していきます。

    
 
    
 
     
 
    
 
 
 
~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら
 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら