ブログ

   

西宮 耐震改修 改修前

兵庫県西宮市で戸建住宅の耐震改修を行いました。
建物の耐震性を現行の基準法同等まで補強することを目的としています。

昭和47年に建築されたこちらのお宅は建築基準法では、旧の耐震基準に基づき
造られているため、耐震性に関する部分が弱く、大規模な地震に対しての不安がありました。
(※旧の耐震基準とは、昭和56年5月31日以前の建築基準法の耐震基準のことです。)

西宮市といえば、阪神大震災で震度7などの激震地区であったはずです。
しかし、建物自体に震災の影響と見られる大きな損傷がなかったのは、
建物が矩形であること、床面積が小さいこと、地盤が良好であったなど、
様々な要因により被害が軽減されたと推測します。
ただこの先の地震などに対しては不安な要素があるため耐震改修を
実施する運びとなりました。

旧の耐震基準の建物は耐震性が低いことに加え、築年数による老朽化から
地震に対して不安な面が多く、条件が悪ければ、震度5クラスの地震でも倒壊の
危険が考えられます。
こうした建物は耐震改修が急がれ、県や各自治体により耐震改修に対して、
補助支援を行っています。こちらのお宅でも耐震改修補助の申請を行いました。

耐震改修計画にあたり、現地調査から現状の建物がどれほどの耐震性能を有しているか、
耐震診断を行い、それをもとに耐震改修を行っていくことになります。
耐震改修の補助申請は、必要な書類が多く、県や市の建築指導課による
審査などで期間が2~3か月程かかったため、工事着工が当初の計画より
遅くなってしまいました。

補助申請の審査が無事に終わりこれから解体を進めていくところです。
内装は自然素材中心の仕上げを行います。
床は無垢杉材、壁・天井は漆喰で仕上げていきます。

改修前のお宅は壁に断熱材が施工されておらず、寒さが心配されました。
今回の改修では断熱材の施工を行い、住環境も改善していきます。
また、和室ばかりの構成のため、部屋の床は無垢材に改修し、
洗面所がない間取りを変更しました。

 ←改修前のダイニングキッチン

   

  ←改修前 玄関廻り  

    

 
 
 

     

    
 

 ←改修前 2階和室  

 
 
  
 
 

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/
 

 
 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら