ブログ

   

省エネ住宅エコポイント復活

平成26年12月27日の閣議決定を経て、
省エネ住宅エコポイントが復活となりました。
エコポイントは住宅の省エネ化等に対する工事に対して
ポイントが付与され、1P=1円として、
商品の交換や工事費用に充当できる補助制度です。

住宅を断熱改修するなどの大がかりな工事に限らず、
例えば、窓に内窓を設けての冷え込みを解消するといった比較的簡単な工事も対象となりますので、消費増税の前に補助金をもらってお得に工事ができるので、利用して頂きたい制度です。

それでは、従来制度と新制度の概要について比較しておきます。

○従来の省エネ住宅エコポイント
①対象期間:H23.10~H24.10に着工
②対象住宅:新築、リフォーム
③対象種別:持家、借家
④対象住宅の性能要件等
  a.新築:トップランナー基準相当(木造住宅は省エネ等級4)
  b.リフォーム:
   (1)窓の断熱改修
   (2)外壁、屋根、天井、床の断熱改修
    +上記(1)又は(2)にともなう以下の工事等
     1.バリアフリー改修
     2.エコ住宅設備の設置
    (太陽熱利用システム、高断熱浴槽、節水型トイレ)
     3.リフォーム瑕疵保険への加入
     4.耐震改修
⑤ポイント数上限: 
    新築:「被災地 30万ポイント」 
       「その他 15万ポイント」
 リフォーム: 最大30万ポイント
    (耐震改修を行う場合は最大45万ポイント)
    (工事内容に応じ2000~10万ポイント)
⑥交換商品:地域産品、商品券等
(被災地支援にポイントの半分以上を充当)

------------------------------------------------------------------------------

●新制度の省エネ住宅エコポイント 
       (※):新制度による変更項目

①対象期間:  (※)H26.12.27以降に契約~H28.3.31に着工
②対象住宅:新築、リフォーム (※)完成済新築住宅の購入
③対象種別:持家、  (※)借家(リフォームのみ)
④対象住宅の性能要件等
  a.新築:トップランナー基準相当(木造住宅は省エネ等級4)
  b.リフォーム:
   (1)窓の断熱改修
(※)(2)外壁、屋根、天井、 
     (※)床の断熱改修(部分断熱可)
(※)(3)設備エコ改修(エコ住宅設備3種類以上)
    +上記(1)~(3)にともなう以下の工事等
     1.バリアフリー改修
     2.エコ住宅設備の設置
     (太陽熱利用システム、高断熱浴槽、節水型トイレ)
     3.リフォーム瑕疵保険への加入
     4.耐震改修
⑤ポイント数上限:(※)最大30万ポイント
         (耐震改修を行う場合は最大45万ポイント)
       (※)(工事内容に応じ3000~12万ポイント)
       (※)(既存住宅購入を伴うリフォームはポイント加算)
⑥交換商品:(※)地域産品、商品券等

------------------------------------------------------------------------------

上記がエコポイント制度の概要となります。
では、どのような工事が制度の対象になるのでしょうか。
種別については下記の通りです。

1.エコ住宅の新築(下記のいずれかの条件に適合)
 ①省エネ法のトップランナー基準相当の住宅
 ②一次エネルギー消費量等級5の住宅
 ③一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
 ④断熱等性能等級4の木造住宅
 ⑤省エネルギー対策等級4の木造住宅

2.エコリフォーム
 ①窓の断熱改修
 ②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
 ③設備エコ改修工事
  (エコ住宅設備を3種類以上設置する工事)
    +
 上記①、②、③に併せて行う以下の工事等
 a.バリアフリー改修
 b.エコ住宅設備(2種類以下)
 c.リフォーム瑕疵保険への加入
 d.耐震改修工事
 e.既存住宅購入後のリフォームによるポイントの加算

3.完成済購入タイプ
 完成済みのエコ新築住宅の購入(基準は1.と同じ)

 ◎2.のエコリフォーム具体的な工事内容については、
  一戸あたり30万ポイント上限
  +(2.のa-eの工事によるポイントの加算)
 ※d.耐震改修を行う場合は最大45万ポイント上限となります。

※注意)ポイント上限とは各工事箇所のポイント数の加算
    上限という意味です。
    工事箇所がポイント上限に達しなければ、
    上限以下のポイント数となります。

-------------------------------------------------------------------—-

2.のエコリフォーム工事の
具体的な工事内容をあげていきます。
(各工事に応じたポイント加算)

■窓の断熱改修
 ・内窓設置
  外窓交換:(大)20000ポイント、
       (中)14000ポイント、(小)8000ポイント
    ※(大)(中)(小)とは窓の面積による分類です。
     (大)2.8㎡以上、(中)1.6㎡以上2.8㎡未満、
     (小)0.2㎡以上1.6㎡未満

 ・ガラス交換:
(大)8000ポイント、(中)5000ポイント、(小)3000ポイント

■外壁・屋根・天井、床の断熱改修
 ・外壁:120000ポイント(部分改修の場合は60000ポイント)
 ・屋根、天井:36000ポイント
       (部分改修の場合は18000ポイント)
 ・床:60000ポイント(部分改修の場合は30000ポイント)

■エコ住宅設備の設置(※内3種類以上の設置が必要)
 ・太陽熱利用システム:24000ポイント
 ・高効率給湯器:24000ポイント
 ・節水型トイレ:24000ポイント
 ・節湯水栓:3000ポイント
 ・高断熱浴槽:24000ポイント

上記に併せて行う以下の工事
 ◆バリアフリー改修(※上限60000ポイント)
  ・手すりの設置:6000ポイント
   (例:浴室内・便所・洗面所・居室内・廊下・階段など)
  ・段差解消:6000ポイント
   (例:屋外に面する出入り口(玄関・勝手口等)、浴室
      屋内(浴室を除く)の出入口段差解消など)
  ・廊下幅等の拡張:30000ポイント
   (例:通路の幅を拡張する工事、出入口の幅を拡張する工事)

 ◆リフォーム瑕疵保険への加入:11000ポイント

 ◆耐震改修:150000ポイント
 (※耐震改修工事とは、昭和56年5月31日以前に
   着工された住宅で、現行の耐震基準に適合して
   いないものについて、現行の耐震基準に
   適合させる工事のことです。)

-------------------------------------------------------------------—

以上が工事の具体的項目です。

例えば、上記の工事で内窓設置工事を行うとした場合の
計算をしてみます。
(大)サイズの窓×2ヶ所と(中)サイズ×1ヶ所を
行ったとします。

この工事に対しては
 (大)20000ポイント×2=40000ポイント
+(中)14000ポイント×1=14000ポイント
合計して40000ポイント+14000ポイント=54000ポイント
の補助が受けられることになります。
この54000ポイントを1P=1円に換算し、工事費に充当できる
即時利用の申請をした場合は内窓設置工事の工事費に
5万4000円差し引くことができます。

内窓設置は比較的簡単に行える工事でありながら、
断熱効果の高い工事ですので、
住宅エコポイントを利用できるこの期間に
検討されてみてはいかがでしょうか?

省エネエコポイント

~ 無垢としっくいを使った自然素材の家づくりなら~
丹陽社のホームページ → http://www.tanyosha.co.jp/

~Facebookでも情報を更新しています~
丹陽社のFacebookページ → https://www.facebook.com/tanyoshapage

大阪で木の家を建てるなら 

\ 家づくりの資料をお届けします /

無料の資料請求のお申し込みはこちら